alohaな心で

poliahu.exblog.jp
ブログトップ

おつきさまがついてくる 小栗剛 脚本・演出

e0274980_10033105.jpg

aloha! akikoです。

昨日は、西荻窪で、

劇団 【ハッカ】主催、

【小栗剛 脚本 ・演出 】おつきさまがついてくる

と言う舞台を見てきました。

この日が、すごい待ち遠しかった!
035.gif

結構、お芝居好きの私が、小栗剛さんを知ったのは、三年前かな?、NEWSのマッスー主演の 「ストレンジフルーツ」と言う話題の作品でした。

その後、小栗作品に興味を持ち、足を運んでみたいなと思い、事前にストーリーを読んでみると、死が必ず出てくる。
死が出るストーリーは、ちょっと苦手。なので、見ずに今日までにいたりました。

今回の作品も、不老不死 の話とだけ知って出かけました。
やっぱり死が出てくるし、小栗ワールドだから、ベビーなのかな?とか、思いつつ友達を誘い見に行ってきました。

不老不死と言うのは、欲深さからか?で、それがキーで展開するのか?と、勝手に予想したりしてたけど、そーではなく、未来の世界で、IT技術が生み出した、デフォルトと言う設定でした。

そして、死とは、生きるとは?が、テーマだと思いきや、そーいう事だけではなく、
生とか、死とかより、さらに大切なもの。と言うか、

なんで生きてるのか?

みたいな、投げかけの答えと、愛、恋、を結びつけついくみたいな。
でも、愛が答えでもないんですよ。

そこは、それぞれの感じ方で、違うのかもしれません。

今回の劇場が、客席と一体型だったこともあり、ストーリーの中に入りこみ、時間があっ!と言う間でした。

照明の薄暗さと、脚本家自らの生演奏が、めっちゃマッチしていて、ストーリーに一層入りか混んでいきました。ギターの音って、こんなせつなかったっけ?と思いました。

しかし、小栗さんは、本当に多彩な人だ。
驚かされます。

本当に、すごいな。一体、脚本家は、どんな脳みそしてるんだろう??

とにかく、大きなテーマ、生、死、愛、だけでなく、小さくいろんなこと、IT、子供、ストレス、、、まだまだいろいろ、盛り込まれてるので、
終わった後に、それぞれ違ったところに着眼して、感想を言い合える、すごい作品でした。

作品の最後に、大切な言葉が何か?と、出てくるのですが、「愛してる」ではないとは、わかりましたが、
そっかー。と言う感じでした。

自分ならなんだろ?と、考えました。

見に来た人みんなが、考えながら帰宅したと思います。


しかし、私って、どーして、頭で考えるんだろ。
お芝居見て、ただ感じればいいだけなのに。

ただ、ドキドキしたり、切なくなったり、心地よくなったり。

実は、別の友達と、月曜日にもう一回見に行くのですよ。

その時は、ただ感じ、あれ?あそこで、何言ってたっけ?

と、思いながら、ゆっくり味わっで見ようと思います。



*ホームページをリニューアルしました!
http://n-rainbow.jimdo.com

【お知らせ】

*ゆるフラ教室
日曜日 11時15分 〜 12時15分
JR 阿佐ヶ谷駅 徒歩 2分
阿佐ヶ谷ワークショップスタジオにて開催中

*マナカードリーディング
日時は、個別調整します。事前にご連絡ください。

*ハワイアンデトックス
は、ご希望者へ、パーソナル説明会、カウンセリングいたします。


★問い合わせ先
nrainbow.aloha@gmail.com

*食べ物ブログ はこちらにしました。




by leinani0720 | 2015-09-06 11:33 | 健康